AGAスキンクリニック リバース

オリジナル処方薬@リバースの効果は?

 

AGAスキンクリニックのリバースは、クリニックオリジナルのAGA治療薬です。内容はタブレットタイプの内服薬と患部に直接塗布する外洋薬のセットとなっています。このリバースを使用した患者のほとんどが発毛を実感するなど非常に効果の高い治療法です。

 

★AGAスキンクリニックのリバースがAGAの原因を抑制★
AGAの主な原因としては、男性ホルモンと還元酵素が結びつくことで、脱毛ホルモンと呼ばれる物質(DHT)が生成されることがあげられます。

 

薄毛の進行している部分には、この脱毛ホルモン(DHT)が多く見られ、髪の毛が太く成長する前に抜けたり、十分に育たずに細い髪の毛が多くなって薄毛が目立つようになります。

 

AGAスキンクリニックのオリジナル処方薬「リバース」は、このDHTが作られないようにする作用があります。男性型脱毛症の根本原因を抑制します。

 

また、髪の毛は毛包と呼ばれる場所で作られています。
毛細血管から運ばれてくる栄養素を養分として髪の毛を作り出していますが、毛包に至る血管の血流が滞ることは髪の毛の健康に重大な影響を及ぼします。結果頭皮の血流が悪くなることも抜け毛の大きな原因となります。

 

そこでリバースですが、リバースには血管拡張作用があり血流を活発にして発毛を促進します。

 

オリジナル処方薬であるリバースは、還元酵素の働きを阻害することで、男性ホルモンが脱毛ホルモンへと変換されることを防ぎます

 

AGAスキンクリニックのリバースに処方される成分としては、

タブレットタイプの内服薬にはフィナステリドが主成分として配合されています。このフィナステリドが還元酵素の働きを阻害して脱毛ホルモンへの変換を防ぎます。

そして塗り薬に配合されている成分がミノキシジルです。この成分は血管を拡張させる効果を持っていて、血流を増加させ、髪の成長に必要な栄養を髪の毛を作り出す毛包に届けます。これにより発毛力は高まり、髪の毛の成長を促進させます。

さらに、それらの効果を高めるためのビタミン類や亜鉛などを配合した内服薬まであります。

 

AGAスキンクリニックのリバースでの治療期間とその費用としては、一年間の継続コースでの費用が一か月あたり35000円程となっています。

 

AGAスキンクリニックのリバースは、既存の薬よりも成分が多く配合されており、発毛を実感した患者の数はほぼ全員という高い効果が上がっています。額の生え際と頭頂部がどちらとも症状が進行して地肌が見えている状態でも、症状が改善している例が見られます。

 

市販薬やヘアサロンでの効果が思うように上がらなかったという患者にとってはとても有効な選択肢となります。

 

一方で、ミノキシジルの作用により頭髪以外の体毛が濃くなるという作用も報告されていて、腕や足の毛が濃くなることがあります。

また初期脱毛と呼ばれる期間が服用を始めてから十日程で現れ、一か月程抜け毛が増える期間が訪れます。これは新しい髪の毛が生えてくるための準備のためなので、心配しなくても大丈夫です。

 

AGAスキンクリニックのリバースに副作用はある?

AGAスキンクリニックの薄毛治療では、オリジナル処方薬「リバース」を用いて改善していきます。このオリジナルの処方薬がリバースとよばれ内服薬、外用薬セットになり、数ヶ月から一年間ほど継続的に使用するシステムになっています。

 

タブレットタイプの内服薬{リバース」には3種類があって主成分のフィナステリドミノキシジルビタミンB群亜鉛の成分も含有されています。

 

一方リキッドタイプの外用薬「リバース」にはミノキシジルDーパンテノールが主成分になっています。育毛二大成分のミノキシジルとフィナステリドを主成分とした内服薬、外用薬を併用することで99、4%の人が発毛効果を実感しているという驚くべき数字にもなっています。

 

そんな高い効果がある反面、リバースの副作用はどうでしょうか。とくに多いのは、初期脱毛と多毛症です。

初期脱毛とはリバースの服用開始から2週間ぐらいは、抜け毛増えてくる症状のことです。この抜け毛はしばらく続きますが、次に新しい髪が生えてくる準備期間でもあるため心配するほどの症状ではありません。この症状は30%ほどの人にあらわれます。

多毛症とは毛髪以外の体毛が濃くなる症状のことで、70%の人に発症します。主にリバースの主成分であるミノキシジルのタブレットの副作用によるもので、腕や足の体毛が濃くなってきます。

 

これ以外に主成分のミノキシジル、フィナステリドは個人差はありますが、身体に負担のかかる副作用がでる場合があります。

ミノキシジルはもともと高血圧治療の血流改善に用いられているもので、動悸、倦怠感、不整脈、めまいなど血管が拡張して血圧が低下することでおこると考えられています。そのため降圧剤を常に服用している方、低血圧の方は注意が必要です。

フィナステリドは抗アンドロゲン薬で前立腺の治療などに使われる男性ホルモンを減少させるため、性欲減退、男性機能の低下などがおこる場合があります。国内臨床試験データによると性欲減退が1%以上5%未満、勃起不全、射精障害、精液量減少などの副作用が1%未満になっています。

一方、外用薬「リバース」の副作用は直接頭皮に塗布するため痒み、腫れ、炎症などがありますが、どのクリニックの外用薬にも多少の症状はでる場合があります。

 

AGAスキンクリニックの治療を受ける方は専門クリニックで事前におこなうカウンセリングがあります。その後に専門医の指導のもと治療をおこなう方が安心感がまったく違います。

 

さらにフィナステリドは胎児への悪影響が懸念されていますので、子供を望む方にはより細かなカウンセリングで使用される成分が変わってくることもあります。